ロゴ

障碍者の社会進出に役立つ就労継続支援B型について学ぶ

HOME>Utility>就労継続支援B型を有効活用して自立しよう

気になること

就労継続支援B型を利用してみたい人の多くが、どのような仕事をするのか気にしているでしょう。まずは、仕事の内容からチェックです。

仕事内容を紹介

  • 簡単なパソコンの入力作業
  • 商品などの袋詰めや封入れ作業
  • 商品などを加工する作業
  • 手芸品の再訪や刺繍などの作業

利用したい人に

これから就労継続支援B型を利用しようと考えている人もいるでしょう。この場合、利用するにはどのような手続きが必要になってくるかも調べておきましょう。

支援利用の手続き

履歴書

事業所を探す

就労継続支援B型を利用するには、まず支援を行っている事業所を探さなくてはなりません。また、事業所を見学しながら、雰囲気を確認しておくようにしましょう。いくつかの事業所をチェックするのが大切です。

利用の申請

事業所が見つかったら、福祉窓口に就労継続支援B型の利用を申請します。各市区町村の福祉窓口を訪ねると良いでしょう。サービス等利用計画案などの提出も行います。

受給者証を受け取る

就労継続支援B型の利用申請が完了すると、サービス受給者証が交付されます。この受給者証がなければサービスを利用できないので注意するようにしましょう。受給者証を準備し、事業所にサービス利用を申し込みます。

就労継続支援B型を有効活用して自立しよう

職業

どのような支援をするのか

・神戸では利用者の増えてきている就労継続支援B型は、障害を持っている人に働く場所を提供するサービスの事です。そのため、雇用契約を結ぶことはありません。例えば、工場などで生産活動を行う場所を提供してくれるのです。生産活動を通して、社会に出て働くきっかけを作ることができるようになるでしょう。
・障碍者のための就労継続支援B型では、社会で働くための訓練も行ってくれます。例えば、社会に出て働く際に役立つ知識を身に付けることができるのです。必要な知識を身に付けることによって、自立のための一歩を踏み出せるようになります。また、仕事で活用できる技術についてもしっかりと訓練してくれるでしょう。
・働く場所の提供や、知識や技術以外にも就労継続支援B型が支援を行ってくれます。例えば、レクリエーション活動を企画してくれるサービスも存在しているのです。レクリエーションを通じて、障害者同士の交流を深めることもできるでしょう。社会性を養うのにも役立ちます。社会性を養うことによって、自立することに対する自信を持てるようになるのです。どこにいっても通用する人材となるでしょう。